プレート式熱交換器

 

プレート式熱交換器

■特徴
総括伝熱係数を多くとれ、伝熱面積を少なくできます。内容積が小さくできる。
コンパクな設計が可能となり、設置面積を小さくできる。圧力損失を小さくする場合プレートを増やす事で小さくする事が可能。
■メリット
仕様の変更に伴い、能力変更の場合、プレートの枚数変更が容易です。
■その他
定期的なメンテナンス(ガスケットの交換・プレートの洗浄)が必要です。
■使用設備用途例
産廃汚泥処理設備、下水汚泥処理設備 、工業炉排熱回収設備、化学プラント生産設備、産業廃棄物焼却設備、食品用(加熱、殺菌、滅菌冷却)設備、空調用冷暖房設備、給湯設備

~シェル&チューブ(多管)式熱交換器~

■特徴
高温仕様に対応可能。内容積が大きい。設置面積が大きくなります。構造が簡単であり堅固であり、水冷の凝縮器をはじめ、広い用途に使用されている。
■メリット
圧力損失が小さい。
■その他
蒸気仕様の場合、圧力容器適用となる可能性が大きいです。定期的なメンテナンス(熱交換器内の洗浄)が必要です。仕様変更の場合、機器本体の交換が必要です。
■使用設備用途例
産廃汚泥処理設備、下水汚泥処理設備 、工業炉排熱回収設備、化学プラント生産設備、産業廃棄物焼却設備、食品用(加熱、殺菌、滅菌冷却)設備、空調用暖房設備、給湯設備

 


アルファラバル熱交換器に関するお問い合わせは下記のコンタクトフォームからも承ります。

    会社名/組織名 (必須)

    部署名/グループ名/研究室名(任意)

    お名前 (必須)

    電話番号 (必須)

    FAX(任意)

    メールアドレス (必須)

    郵便番号 (必須)

    住所 (必須)

    題名(任意)

    メッセージ本文 (必須)

    上記の問い合わせ内容に間違いはありませんか?

    内容に同意して送信する

     

     

     

    Previous post ロータリーポンプ 遠心ポンプ
    Next post ニトリル手袋 食品衛生法適合品 入荷しました
    メニュー
    ソーシャルプロフィール